同じ市内の引越しなら、荷造りは雑でいいのでしょうか? いくら距離が近いからといって、荷造りを雑に行うと、引越し後に後悔することになります。 壊れ物はしっかりとクッション材などで保護して、ダンボールにもわかるように書いておきましょう。 それに、使わない物から荷造りしていく、ダンボールに中身が何か書いておくといった初歩的なことは、同じ市内の引越しでもやっておいた方がいいです。 忙しくてどうしても荷造りの時間が取れないのなら、生活必需品とそれ以外の物に分けて、それ以外の物は壊れたら諦めるつもりで詰め込むのもいいかもしれません。 また、壊れるのが嫌なものは、自分で運ぶという手もありますね。 自分で運ぶのであれば壊さないように注意できますから、それ以外の物は雑に荷造りしてもそれほど問題はないはずです。 引越し業者に依頼する場合、大型の家具や家電の保護はやってもらえるので、洗濯機の水抜きや冷蔵庫のコンセントを前の日に抜いておくことを忘れなければ大丈夫でしょう。